記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

第15、試験 情報リテラシー論講義まとめ

第15回では去年、一昨年のテスト問題が配られた。検索エンジン別の問題などがでていた。試験本番では、落ち着いて問題を解くことができたと思う……...

続きを読む

第14回 情報リテラシー論講義まとめ

14) セキュリティとクラウド化インターネットサービスが発展した今、そのサービスをまもるためにもセキュリティの発達が欠かせなくなってきた。セキュリティ研究家などが公開したパスワード1000万件はどれも短調でありすぐに特定できるようなものだったという。パスワードを設定する際に辞書に載っているような単語を選んだ場合、それはパスワードとは呼べないような脆弱さでありすぐに特定されてしまうという。パスワードがしっか...

続きを読む

第13回 情報リテラシー論講義まとめ

13) 画像認識の技術と流出問題スマートフォンの普及と共に画像も重要な情報構成の一つとなってきている。インスタグラムや画像専門アプリなどの普及もその影響ではないだろうか。また、画像が増えることによって画像の無断転載や過度な画像加工が施されたものがおおくでまわるようになった。このような状況を打破するためにも火急にネット上などでの行為に対する法律を制定すべきだと考える、...

続きを読む

第12回 情報リテラシー論講義まとめ

12) ラジオ離れと音声認識技術ラジオといえば夏休みのラジオ体操をおもいだす。しかし、今ではラジオ体操すらカセットで行う場合があるそうだ。今や古いものという認識の強いラジオ。しかし、そんなラジオが再び脚光を浴びた時があった。それは東日本大震災の際である。テレビやパソコンなどが使えず情報が入ってこなくなってしまった際にラジオだけが使えることが出来、それで難を逃れた人も多くいたという。時代遅れといわれるよ...

続きを読む

第11回 情報リテラシー論講義まとめ

11) 苦戦する紙媒体と電子書籍電子書籍という言葉は何年か前から使い始められているものである。電子書籍といえば真っ先に本や漫画を思い浮かべるが実際、一番購読されているのは新聞ではないだろうか。本やマンガの場合、紙の媒体へと拘る人が多い一方、新聞などの情報メディアの場合はあまり紙ということにこだわりをみせず、ただ情報を得るためだけの手段として使用している傾向があるようにかんじる。スマホの普及と共に電子書...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。